岩手県眼科医会
岩手県眼科医会について
眼科医療機関の案内
行事予定(平成30年度)
岩手医大アイバンク
目についての健康情報
リンク集
会員専用ページ
岩手県眼科医会 トップページへ

岩手県眼科医会について

ご 挨 拶

 
岩手県眼科医会 会長 森 敏郎
 岩手県眼科医会の会長を務めております森でございます。本会は岩手県に在籍している114名の眼科医師で構成されており、県内の眼科医療の進歩、発展に寄与し、会員の親睦を図ることを目的に発足しました。また、公益社団法人日本眼科医会の業務委託をうけた活動も行っております。
 県民の皆様に対する本会の活動を紹介しますと、小、中学校で色覚検査を行うよう働きかけ、子供たちの将来とってこの検査が重要であることを教育委員会あるいはその現場に伝えるよう努力して参りました。また、年1回、眼科医のいない地域を訪問し、医療相談や講演を行っております。ここ数年は緑内障週間に橋や建物をグリーンライトで照らし、この疾患を広く一般の方々に知っていただく運動を展開しています。
 さて、現在はスマホによる調節障害、不適切なコンタクトレンズの販売による眼障害の増加、眼科医を経由しないで眼鏡を作成したため見逃された眼疾患など、県民の皆様の健康を害するいくつかの問題が生じています。本会はこれらの疾患から皆様の目の健康を守るため、有用な情報などもお伝えできればと考えております。これからも本会の活動にご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
(平成30年4月)
 

役 員 (平成30年度)

岩手県眼科医会
 会 長  :  森 敏郎
 副会長  :  朝倉 章子、高橋 俊明、吉田 憲史
 総務部  : ◎早坂 朗、高橋 和博、木村 桂、及川 拓、木澤 純也
 経理部  : ◎江川 勲、小豆嶋純子、加藤 千晶
 学術部  : ◎木村 桂、小豆嶋純子、遠藤 朋子、藤原 貴光、
 北條 昌芳、谷藤 典子、石部 禎、小山田 紘
 勤務医部  : ◎及川 拓、木澤 純也
 健保部  : ◎桑島 研一、及川 拓
 学校保健部  : ◎藤田 聡、石部 禎
 医療対策部  : ◎藤原 貴光、北条 昌芳
 公衆衛生部  : ◎清野 雅子、菅原 剛
 福祉厚生部  : ◎宮本 博之、早坂 朗、石川 陽平
 広報部  : ◎横森 浩道、宮本 博之
 保険診療部  : ◎今泉 利雄
 監 事  :  松田 恭一、堀 美知子
◎は部長、常任理事会は会長、副会長、各部長、監事の他、医大医局長とする。
 議 長  :  小笠原孝祐
 副議長  :  坂本 真栄
 顧 問  :  田澤 豊、黒坂大次郎、谷藤 泰寛、近藤 駿
東北眼科医会連合会
 副会長  :  森 敏郎
 常任理事  :  朝倉 章子
 理 事  :  早坂 朗
 勤務医部委員  :  吉田 憲史
 有床診療所委員  :  二宮 修也
 男女共同参画担当  :  谷藤 典子
 介護在宅医療担当  :  小豆嶋純子
 監 事  :  谷藤 泰寛
公益社団法人日本眼科医会
 代議員  :  森 敏郎
 予備代議員  :  高橋 俊明
 勤務委員会委員  :  吉田 憲史
 常任理事  :  高橋 和博

眼科医会について

 岩手県眼科医会は昭和27年1月の第56回岩手県眼科集談会兼新年会において設立準備会が発足し、同年7月の第59回集談会において正式に設立されました。初代会長は田村孝一郎、副会長は今泉亀撤岩手医大眼科教授と佐竹義男で田村、佐竹は昭和10年に盛岡眼科医会が設立された際の発起人です。
設立時の会員は岩手医大眼科の教室員7名、盛岡市内開業医6名、勤務医1名の計14名でした。
 岩手県眼科医会は岩手県内の眼科医療に携わる医師の団体です。岩手県民の眼の病気の予防や治療を行い地域医療に貢献することを目的とし、そのために会員の資質向上にも努めています。主な活動内容は以下の通りです。 
1.公衆衛生
 
目の愛護デー事業
 10月10日の「目の愛護デー」の事業として岩手県医師会との協同事業として新聞広告、テレビ・ラジオ出演による啓蒙活動をおこなっています。
眼科医過疎地域,遠隔地における眼科検診
 平成21年9月27日宮古市田代地区において眼科医療講習会、相談会を実施いたしました。眼科医療過疎地における眼科検診、眼科の病気の研修・理解をして頂き皆様に少しでも貢献したいとの熱意で開始されました。以後毎年実施され平成26年には大槌の小鎚地区の仮設住宅で行われました。
2.学術
 
岩手県眼科集談会の開催
 岩手県眼科集談会は岩手県眼科医の臨床的、学術的水準の向上を目的として
   開業医の臨床的な発表
   岩手医大眼科学教室からの新しい学問的分野の紹介
   国内外の講師による教育的な講演 
 からなる勉強会です。昭和12年から始まり、平成27年1月には第341回をむかえ、岩手県眼科医の臨床的、学術的水準の向上に貢献してきました。
岩手県眼科臨床懇話会
 平成26年7月には30回目の開催となりました。眼科医のみならず視能訓練士、看護師などの眼科スタッフのための勉強会で、年に1度開催されています。平成26年には
   1.新たな白内障再来
   2.臨床網膜電図を使いこなす
   3.緑内障の生涯治療
 というテーマの教育的講演が行われました。
岩手県眼科医会勤務医部主催勉強会
 眼科医会勤務医部が年に1度主催する勉強会です。平成26年には
   1.小児虐待と虐待性眼外傷
      〜虐待を疑ったときに眼科医が取るべき行動とは〜
   2.眼底イメージング:最近の話題
 というテーマの講演が行われました。
眼科コメディカル講習会
 眼科医療の質の向上を目指し、看護師、視能訓練士、事務員等の眼科スタッフのための講習会を毎年全国規模で実施しています。
3.学校保健
   県内各地域での学校検診・学校医活動・学校保健委員会への参加や岩手県学校保健・学校医大会への参加と演題発表、全国眼科学校医連絡協議会への参加などを通して学校での目の健康に役立ちたいと考えています。
Copyright©2010-2018 Iwate Ophthalmologists Associationi. All Rights Reserved.